シャンプーするときに心がけること

シャンプーするときに心がけること

健康的できれいな髪の毛にするためにはいくつかのポイントを押さえていくことが大事です。肌をきれいな状態にするためにスキンケアが必要なように頭皮を健康的な状態にするスカルプケアをしっかりと行なっていくことです。頭を洗うというと髪の毛を洗っているような感覚になりがちですが、シャンプーで洗うのは主に頭皮です。だからシャンプーしている時も頭皮を洗っているということを意識していくようにしましょう。髪の毛を洗ってしまうと、髪の毛は簡単に傷んでしまいますので、シャンプーをする時きには頭皮をマッサージする感覚で行います。スキンケアでも肌に合わせた化粧品選びが重要なように、スカルプケアも頭皮に合ったシャンプーを選ぶということが大事になります。アミノ酸シャンプーのようにスカルプケアのために作られたシャンプーがありますので、美容室 ヘアサロン 新宿東口 カット カラー パーマ メンズ 人気普段使っているシャンプーでは頭皮が荒れるといった人はアミノ酸シャンプーを使ってみるといいでしょう。ただ頭皮に優しいアミノ酸シャンプーでも洗いすぎてしまっては意味がありませんので、長時間洗い続けることは避けてください。仕上げとしてドライヤーを使って乾かすわけですが、ドライヤーの熱は髪の毛を傷めます。髪の毛を乾かすときには、その熱で髪が傷まないように距離を作り、常にドライヤーを動かしながら万遍なく乾かしていくようにします。ドライヤーでの最後の仕上げに冷風を使って引き締めてあげると、より髪の毛のハリやツヤにも違いが出てきますよ。
最近肌のたるみが気になるようになってきたなんてときには、シャワーの使い方に注目をしてみると改善できるかもしれませんよ。肌は水分が逃げないための構造ができていて、乾燥から守られるようなっています。たとえば角質層では膜が作られていて、水分が逃げないようになっているとか、真皮層はコラーゲンやヒアルロン酸によって潤いが保たれているといった感じです。でもシャワーを直接顔に当てると、その水圧の力で角質層の膜は洗い流されて真皮層の水分までも奪っていってしまいます。シャワーの水圧は気持ちがいいからマッサージ効果があって肌にはいいなんて考えている人もいるかもしれませんが、肌は非常にデリケートなため、シャワーの水圧でも大きなダメージを受けてしまうことになります。シャワーの水圧によって奪われた水分は簡単には補給できません。その後にスキンケアを行っても真皮層までは中々ケアできませんので、肌はずっと乾燥していることになります。乾燥した状態が続くと肌はたるんできてしまい、毎日シャワーで直接顔を洗っているとどんどんとひどくなっていくのです。入浴する癖がなくて普段からシャワーばかりで体を洗っている人は特に要注意です。また温度の高すぎも乾燥肌を招きたるみにつながりますのでぬるま湯程度に設定して洗っていくようにしましょう。人間は下を向いたときの顔が10年後の顔なんて言われますが、もしも下を向いて肌のたるみが感じられるようならシャワーの使い方をすぐに改善していきましょう。

 

ホーユー
http://www.hoyu.co.jp/